英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Methodメソッド

メソッド TOP > 英語で書けるようになる方法

英語で書けるようになる方法

文法は正しいはずなのに通じない。I don’t understand     意味がわからない。It doesn’t make sense to me     筋が通っていない。So what do you want me to do?      で、どうして欲しいの?と、外国人に電話やメールで返事される。

そんな苦い経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。なぜ分かってくれないのだろう、とお思いでしょう。英会話のときでも、英文を書く場合でも、その原因として考えられることは同じです。

それは、情報の伝え方です。まず、我々日本人がどのように情報を伝えるのか考えてみて下さい。少し分かりにくいかもしれません。問いかけを変えてみましょう。仮に、日本人のコミュニケーションにゴールがあるとすればそれは何でしょうか。

数あるゴールの一つとしてあるのは、“共感を得る” ことではないでしょうか。相手との共鳴を “起こす” ことに情報伝達の目的があるのです。これを成り立たせるには、日本語を介して得た考え・感情・文化など、日本的な情報の “共有” が大前提となりますが、ここで想像してみてください。

“日本的な情報” を分かち合わない外国人に対して、日本人が英語を使って “共感” を求めるのが果たして賢明でしょうか。日本語を知らない外国人に日本的な情報を “感じて” もらおうとするのが、果たして正しいアプローチでしょうか。これが、英語を使い切れていない日本人の葛藤の一つだと考えられます。

しかし、この葛藤を克服するのは簡単なことです。コミュニケーションのゴールを変えたらいいのです。共感を得ようとするのではなく、納得させる。つまり英語で情報を伝えるときは、能動的に相手を “説得する”。このアプローチを念頭に置くのです。

オーパス英語学院 神戸教室では、英会話の力を含めた総合的な英語力アップを促進させる方法として、ライティングを推奨しています。これから数ページに渡って、英語での書き方について解説していきますが、これから実際に練習を始めるとなれば、このアプローチは更に重要となります。

何せ話しているときは、身振り手振りのジェスチャー・顔の表情・アイ・コンタクトなど、ボディ・ランゲージで相手を導けますが、文字の場合そうはいきません。文章そのものが読者を納得させる情報である必要があります。しかし、いきなりこれを目指す前に逆から始めてみましょう。まずは、そのような英文に “なりにくい” 情報を知るのです。続きはこちら!

Category:メソッド,ライティング

Contents
Category