英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Methodメソッド

メソッド TOP > 英語で書けるようになる方法 part 5 イントロの書き方

英語で書けるようになる方法 part 5 イントロの書き方

イントロがインパクトに欠けると、最後まで読んでもらうのはおろか、読み始めてももらえません。かといって、無理矢理インパクトを出そうとするあまり、事実を脚色するのも良くありません。

これを避けるため意識すべきなのは、英語の書き方そのものではなく、見せ方。つまりはプレゼンテーションです。一見、凡庸に思える内容であろうと、演出次第で興味をそそる英文にできます。

その一番のテクニックは固定概念を覆すこと。サーフィンを例にすればこうなります。



主張:

サーフィンにはチャラチャラしたイメージがつきまとうが、

実際は為になる健全なスポーツなのだ。

なぜなら:

理由① 心臓血管系に良い

理由② 筋肉がつく

理由③ 精神が落ち着く

結論:

機会があれば、是非サーフィンを始めよう

*ここでは現実的に考えて日本の固定概念で話をすすめます。よってここで想定する読者は、日本在住のサーフィン未経験の外国人になります。

日本語でこれだけ読めば単純に思えるかもしれません。でも変に凝ったり、ひねる必要はありません。本筋から逸れるようなディテールを詰めすぎると、文章が破綻してしまいます。相手に通じる英文に必要なのは一貫性です。シンプルな論理でぶれない骨格を作り、それを追究した内容にするのです。そうすると次のページのようになります。

Category:メソッド,ライティング

Contents
Category