英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > ハーフは自然とバイリンガルにはならない

ハーフは自然とバイリンガルにはならない

half

英語圏の人を片親に持つハーフは、自然とバイリンガルになる   というイメージが日本にはありますが、本人が勉強をしないかぎり英語と日本語のバイリンガルにはなれません。子供が片親と英会話をするだけで、英文法を自然とマスターすることは不可能だからです。

ハーフの発音は良いというイメージもありますが、これも英語に興味をもっているハーフの発音が良いのであって、興味を持たずにちゃんと耳を傾けない人に良い発音はできません。いくらネイティブの発音を幼いころにできてもそれを維持しなければ、大人になるころには非ネイティブ的なアクセントになっているでしょう。

日本に住むかぎり日本語がメインになる

それはなぜでしょうか?当たり前ですが、日本に住むかぎり子供の使う言語は、日本語がメインになるからです。




ここからは一般的な家族形態である父親が外国人、母親が日本人というパターンで話を進めますが、父親が英語を話し、母親は日本語で話す、という役割分担をしてもあまり意味はありません。子供が小学生になって学校に通い始めると1日の大半を日本語で話すことになり、英語を使う時間の割合が落ちるからです。

また、そもそも子供は幼いころから、父親よりも母親と話す時間が圧倒的に多く、話し方も母親の影響を受けやすいので、自ずと日本語の文法で考えて話す機会が比較にならないほど増えます。

家の外では日本語、家の中では英語で徹底すれば大丈夫かもしれませんが、家のなかでお母さんも英語で話す家庭は稀有です。小学生の子供によっては周りに溶けこもうとして、人前で英語を話すのが嫌になる子もいるでしょう。

ハーフだからといって特別なわけではない

結局のところハーフだからといって、能動的に学ぶ姿勢を本人がみせないかぎり、英語に関して卓越した優位性は表れないので、ハーフも他の日本人と同じように勉強をしなければならないのです。

よって、もしも親御さんがハーフのお子様を日本でバイリンガルにしたいのであれば、ちゃんと計画的に習わせないといけません。

ただ、そうなると意外な人に反対されるかもしれません。父親です。もちろん外国人の彼らにもプライドがあるので、「こいつは俺の子供なんだ。俺と話せばなんとかなる」という誤った思い込みを根拠に、子供を英語教室や子供英会話に通わせることに反対する人もなかにはいるでしょう。

しかし、もしもお母さんが日本でバイリンガルに育てたいのなら、この感情的な反対を押し切らないといけません。

ハーフの子供にとって何がベストか長期的に考えよう

一方でもしお子様本人に任して自由に育てるのなら、無理な期待はかけず見守るべきでしょう。ただハーフのなかには、幼いころに日本語を勉強しなかったことを後悔する日系人と同じように、大人になってから英語を勉強しなかったことを後悔する人もいます。

とくに名前がカタカナの人は、普通の日本人と同じように日本語をちゃんと話せても、初対面の人には “外国人扱い” されやすいので、長期的に考えるとバイリンガルに育ててあげるほうが、本人のアイデンティティーにとってプラスになる側面もあります。

最終的に大事なのは、長期的な視点で子供にどう成長してほしいのか明確にすることでしょう。

二重国籍の認められている若いあいだは二国間での移動(居住)の自由があります。また海外留学もやり方や場所によっては、安くすることも可能です。Out-of-state tuition(州外出身者が払う学費)がかからないので、現地の人と同じ学費で大学に行ける場合があります。

さらに日本で十分な英語力が備わっていれば、現地の奨学金を手にすることも夢ではありません。

このように選択肢は広いのですが、そのぶん責任をもって決断しなければならないことが沢山あるゆえ、悩み事が少なくないのがハーフの現実です。親御さんは、将来的なヴィジョンをある程度持ってから何が子供にとってベストか考えるべきだと言えるでしょう。

LINEで送る

Category:コラム:オーパス通信,子供の英語教育