英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > 子供にあった英語教育とは?

子供にあった英語教育とは?

kid-and-window

『「英語をやめたい」というお子様を持つ親御さんに対して言えること』では、お子様が英語を「やめたい」と言ったときは、すぐやめる前にその理由をはっきりさせるべきだと書きました。これには、先生や生徒との相性の問題という可能性もありますが、もしも理由が「先生の言っていることがわからないから」という場合は、お子様の声にじっくり耳を傾けるべきです。



小学生向けの英語教室は2種類ある

一口に英語を子供に習わせるといっても、その形態には大きく分けて2種類あります。日本人講師による英語教室と、外国人講師による子供向け英会話です。日本人英語教室は、文法と問題集が中心です。

中学英語の予習や英検対策として最適ですが、一番のメリットはとにかく日本語でコミュニケーションがとれるので、親御さんはお子様の成長を事細かに知ることができます。ただ日本人講師の場合は、発音がネイティブではなく、英会話を行っても自然な会話には発展しにくいと言えます。どうしても日本語を英語に直訳したような内容になるからです。

一方で外国人講師による子供向け英会話は、会話と実践が中心です。メリットはネイティブの発音を学べることですが、小学生のあいだに文法をしっかりカバーするわけではないので、スピーキングは一つ一つの言葉の意味を理解しないままセンテンスの丸暗記になってしまうリスクがあります。

また日本人スタッフがいても外国人講師(日本語を話せない人が殆ど)との連携がとれていないところもあるので、親御さんはお子様の細かい成長がわからないまま、態度の評価しか知ることができないというケースもあります。

子供が英語をやめたい理由をはっきりさせよう

もしもお子様が「先生の言っていることがわからない」と言った場合、まずはお子様自身の問題なのか、先生の問題なのか考えなければなりません。とくに外国人講師のレッスンはグループでゲームをすることが多いので、本当に先生の話す英語を理解していなくても、周りの子供たちと同じようにしていれば大丈夫な側面もあります。

これに合わせていないばかりに、外国人講師に話しかけられて指摘や注意をされても、とにかく何を言っているのかわからないから、ストレスになるというケースもあります。小学生のあいだに英語が嫌いなってしまっては意味がありません。

結局、どちらの学習形態にもメリットもデメリットはあります。大事なのは、お子様がどちらに向いているか判断することです。音感が強かったり行動派のお子様は、子供英会話が向いているかもしれません。そして文字や論理に強いお子様は英語教室が合っているかもしれません。

また子供英会話に何年か通って十分に発音の感覚がつかめたと思えば、文法中心に切り替える。逆に文法は頭に入ったから、もっとスピーキングに力を入れて英会話に切り替えるなど、ゴールに向かって柔軟に対応していくべきです。

一番ダメなのは、親御さんが「なんで他の子はできてあなたはできないの?」と言うことです。子供にも一人一人向き不向きがあるので、先生の言っていることがわからないからといって必ずしも学力が劣っているわけではありません。

とくに外国人講師の言っていることがわからない場合は、本当に理解しようとしているのに、文法を知らないあまり理解できていない可能性もあります。このような子供は、むしろ人一倍真面目だったりもします。

まとめ

ちなみにオーパス英語学院 神戸教室は、バイリンガル講師なので2つの形態が融合した形になっており、上記のメリットがすべて備わっていますが、とにかくお子様の特徴を第一に考えているので、生徒にあった最適な方法で指導します。

ただ、ここの(生徒目線の)デメリットを正直にあげるとすれば、個人レッスンなので、グループレッスンのようにお子様が手を抜くことができないことだと言えるでしょう。

LINEで送る

Category:コラム:オーパス通信,子供の英語教育