英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > スイッチも?海外でも囁かれる任天堂の品薄商法説

スイッチも?海外でも囁かれる任天堂の品薄商法説

任天堂の新しいハード「スイッチ」の発売日が迫っています。しかし、ちょっとした騒動が起きています。

日本では今年1月21日から予約が開始されましたが、なぜか即終了。2月8日から予約は再開されましたが、海を越えてアメリカでは在庫不足のため店側による予約キャンセルも起きており、任天堂ファンは怒っています。

任天堂・オブ・アメリカ社長レジナルド・フィサメィはローンチに向けて200万台のスイッチを出荷すると宣言していますが、何が起きているのでしょうか。

というのも、これは今に始まったことではありません。アメリカでは過去にも、ゲームとキャラクター・フィギュアを連動させた「アミーボ」や、ファミコンの復刻版「ニンテンドー・クラシック・ミニ」の品薄が起きています。

そのため日本と同じように米国でも囁かれていることがあります。それは任天堂の品薄商法説です。

一般的にアメリカで品薄商法が行われるのはクリスマス・シーズンです。人気商品を求めての来客を狙って、あえて限られた在庫で店を営業したり、クリスマス・シーズン後の売り上げ増加を図って、あえて供給を控える玩具メーカーもあります。

これを英語で artificial scarcity と言います。つまり「人工的希少性」です。世界的な経済誌「フォーブス」のウェブ版には、任天堂のスイッチについて以下のような記述があります。

For the much wider audience that Nintendo is hoping to cast its net around, it merely induces head-scratching. Well, that and fears that Nintendo will artificially create demand by restricting supply at launch, just like it did with the mini NES Classic Edition before the holidays. It’s the same tactic Nintendo used for many of its Amiibo line, creating artificial scarcity of certain figures.

任天堂が獲得を望むより広い客層にしてみれば、それ(スイッチの予約問題)は困惑しか引き起こさない。それに加えて誘発するのは、クリスマス前にニンテンドー・クラシック・ミニでも同じことをしたように、任天堂がローンチでの供給を制限して人工的に需要を生み出す、という懸念だ。ある程度の人工的希少性を生み出すのは、アミーボの製品ラインの多くでも同様に使われた戦術だ。

また、ニンテンドー・クラシック・ミニの品薄に関して以下のような意見が出ています。

Unfortunately, I’m taking the cynic’s view on this one, especially when the absurdly limited stock is taken into account. This is a consistent pattern with Nintendo, from Amiibos to the Wii, and eventually it begins to feel more like a strategy than a miscalculation. I also think it’s a bad idea. Artificial scarcity feels like an old tactic from an era when the Internet wasn’t so good at generating hype on its own.

残念だが、これに関して私は冷笑家の立場をとる。ばかばかしいぐらい在庫が限られているのを考慮すると尚更だ。アミーボからWiiまで任天堂には一貫したパターンがあるし、最終的には計算ミスであるよりも、戦略だと感じ始めている。それはダメなアイディアだとも思う。人工的希少性は、ネットがまだ独自に話題をうまく作れなかった時代の古い戦略だと感じる。

ツイッターではこんな声も。

「人工的希少性のせいで任天堂のモノを買うのはやめたよ」

「あちこちで完売してるってことはスイッチ大人気なんだね。任天堂すごいな!人工的希少性を作り出すのが」

「おい任天堂、人工的希少性を作り出すのはいい加減にやめろ。ニンテンドー・クラシック・ミニの失敗から何も学んでいないのか?」

任天堂が本当に品薄商法を行なっているのか、真実はわかりません。ただ、任天堂の運営に対して不満を抱いているファンやゲーム・ライターが存在していることは間違いありません。また、フォーブスの寄稿にもあるように、このままでは新しい客層を獲得できない恐れがあります。はたしてスイッチは成功するのでしょうか。

LINEで送る

Category:ゲーム,コラム:オーパス通信