英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > 映画の予告編を見て、英会話の勉強をしよう

映画の予告編を見て、英会話の勉強をしよう

camera

皆さんは英語圏の映画を見るときは、字幕で見ますか?それとも吹き替えで見ますか?英会話を勉強されている方なら字幕で見ることが多いかと思います。しかし、字幕が果たしてどれだけ正確なのかと考えたことはありますか?

字幕映画を見るときは、もちろん映像も見なければなりません。だから日本語字幕に求められるのは、限られた時間の中で読めるテキストであることです。そのため、字幕を用意する側は視聴者を意識して、細かいニュアンスや情報を削っていたり、日本語に直訳しても通じないことは意訳します。その結果、映画を鑑賞する側はかなりの情報量が失われた状態で見ている場合があります。

これは言葉の壁の存在ゆえに仕方がないことですが、その一方で最近気になるのは映画の予告編、とくにテレビ用に再編集されたものです。意訳の域をこえて全く違うことが書いてある場合があります。

英会話を勉強されている方なら、すでにお気づきかもしれません。英語のセリフと字幕の内容がマッチしていないのに気づいて、「あれっ?今そんなこと言ってた?」と思ったでしょう。それは、リスニング力がついている証拠です。




ただ、多くの方はまだ映画を字幕なしで見るレベルではないと思うので、まずはオリジナルの英語の予告編を理解することに挑戦してみるのも一つの方法かもしれません。これなら2時間も拘束されずに、2分半集中するだけで英会話の勉強ができます。

そこで今回からは、神戸で公開中の映画のオリジナル予告編を字幕なしで見ながら、英語を聞き取っていく練習をシリーズで始めたいと思います。初回は「マイ・インターン」です。

LINEで送る

Category:コラム:オーパス通信,映像