英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > 親子でトイストーリーを見よう

親子でトイストーリーを見よう


「暗記のための素地作り」では、楽しく英語を勉強するために、親子で英語圏の映画を見るべきだと書きました。今回からは、親子で楽しめる映画を実際にシリーズで紹介していきたいと思います。

第一弾はトイストーリー

小学生も中学生も楽しめる映画は何かと考えたのですが、やはり「トイストーリー」ではないでしょうか。ありきたりなチョイスでつまらないかもしれません。ただ、すでに何度も見たことのある方が多いと思います。話をゼロから追う必要がない、つまり予備知識があるので英語の勉強には最適だと思います。

このコラムでは、英語圏の映画を見るときは英語音声にして、英語字幕を読みながらセリフとマッチさせるべきだと書いてきましたが、小学生や中学生の場合はまずは字幕なしで英語音声を聞き取るのに集中すべきでしょう。



小学生でも英単語は聞き取れます!

集中して聞けば、ところどころで単語が聞き取れるはずです。セリフをリアルタイムで理解するのはまだレベル的に難しいと思いますが、以下の単語なら聞き取れるはずです。

Andy, bank, beyond, Buzz, dinosaur, draw, fall, infinity, money, pizza, sheriff, sky, space, style, toy, truck, Woody, you

小学生でも頑張れば「あっ、いま toy って言ってた!」とわかるはずです。

小学生も中学生でも、こうして集中してリスニングをすれば、やがて聞き取れるのが単語からセンテンスへと変わっていきます。

トイストーリーの脚本も読んでみよう!

すでに英語を習っている中学生なら、脚本を読むのにチャレンジするのも良いでしょう。これも最初から順番に一字一句読もうとするのではなく、あのシーンでウッディが言ってたあのセリフはどういう意味だろう?と、まずは気になるセリフを探してみてください。それだけでも十分勉強になります。

なお、記事のトップにある動画はファンによって製作されたトイストーリーの実写版です。すべてのシーンが再現されているので、DVD をお持ちでない人は是非これを見てください。

LINEで送る

Category:コラム:オーパス通信,子供の英語教育,映像