英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > 仕事のツールとしての英語/コミュニケーション・ツールとしての英語

仕事のツールとしての英語/コミュニケーション・ツールとしての英語

work

英語に関係した仕事につけば、自然と英語力も上がる   こう思うのは間違いではありません。確かに仕事のツールとしての英語力は上がるでしょう。しかし、コミュニケーションのツールとしては果たしてどうでしょうか。

言語を情報処理の道具として考えると、仕事中に扱う情報の殆どは仕事の情報です。この環境なら「仕事に関するコミュニケーション」の能力は上がりますが、それはあくまで組織の一員として使う英語です。仕事以外の情報に接する機会は限られているので、個人としての英語力アップには限界が生じます。

もしもあなたが「仕事のツール」以上の英語、いわば“総合的なコミュニケーション・ツール”としての英語を手に入れたいのであれば、留学をおすすめします。

留学のメリット

英語圏で英語習得をすれば、プライベートやビジネスも含む幅広いことに関しての情報処理スキルを体得できます。ライティング、スピーキング、ディスカッション、プレゼン、グループ・プロジェクトを通して、英語で情報発信ができるようになりますし、これまでは想像に頼るか、和訳を通して理解していた英語の情報をそのまま取り込めることも可能となります。

言い換えれば、和訳のフィルターを通さずに、生の情報をそのまま英語で吸収できるようになるのです。帰国後もネットを使えば、世界の情報をいち早くキャッチできるため、海外の情報を一部の日本語ウェブサイトや出版会社によって、国内向けに加工してもらう必要もなくなります。

そもそも海外で英語を習得する一番の利点は、現地のコンテクストで英語を学べることです。そこで実際に英語を使いながら現地の人と同じように経験や体験をすることで、言葉の意味を深いレベルで実感できます。現地のローカルな言葉やスラングももちろん学べるため、いわゆる日常会話も自然に何気なくできるようになります。

留学のデメリット

ただ、果たして英語だけのためにそこまでするか、と思う人も多いでしょう。実際、時間と金銭の投資が必要ですし、日本を離れることで生じるリスクもあるので万人に向いているわけではありません。

このスキルがすぐお金に繋がる約束もできません。しかし「コミュニケーションのツール」としての魅力を感じた人は、本当のところは英語以上の何かを求めているはずです。それがはっきりしていることに越したことはないですが、特に若いうちは何をしたいか分からないものです。一回しかない人生です。勉強がてらそれを探しに日本を飛び出すのは意義あることではないでしょうか。

LINEで送る

Category:エッセイ,コラム:オーパス通信,ビジネス英語,留学,英会話