英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > TOEFLスコアを上げるには? リーディング編

TOEFLスコアを上げるには? リーディング編

readandstudy

TOEFLはこれまで皆さんが中学高校でやってきた英語の問題は全く違います。このテストには学生同士の英会話や英語の講義を題材にした実践的な設問もあるので、海外経験がない人にしてみれば理解の及ばない部分もあるでしょう。

これに戸惑う人はTOEFLの勉強を諦めるか、直接海外の語学学校で勉強するかと思いますが、前回のコラムで書いたように、準備ゼロでの留学はお勧めしません。

TOEFL の勉強は一見難しそうですが、あるポイントをしっかり押さえたら日本にいながら高得点を出すことも十分可能です。

正しい英語の読解力のつけ方

リーディングにおいて重要なポイントは、正しい英語の読解力をつけることです。当たり前に聞こえたかもしれませんが、ここでいう “正しい英語の読解力”とは日本語にこだわらない読解を指します。

日本では和訳・英訳を通して英語教育を行うために、多くの人が「英文の意味を理解すること」と「和訳すること」を同じだと思っています。しかし、二つは似ていても同じではありません。

英語の原文が意味することに最も近い日本語の文章が訳文であり、言語の違う二つの文章が同じ意味を100%共有することはあり得ません。

この「英文=訳文」という誤った認識のままで勉強を続けてしまうと、いつまでも日本語の感覚に囚われてしまうので、単語の意味や細かいニュアンスを英文のコンテクストにそって読み取ることが出来ないままになってしまいます。最終的に目指すべきなのは、英文をありのまま読み取ることです。

また、正しい読解力の成長を妨げるのが日本語のTOEFL問題集です。英文の大まかな内容を理解した上で、欠けているパズルのピースをはめるように、英和辞書を使って分からない言葉の意味を調べるのは効果的です。

ところが、問題だけに集中して日本語の訳文や解説ばかり読んでしまうと、せっかく掴みかけている英語の感覚が台無しになります。そもそもTOEFLで正確な和訳スキルは求められていません。英文の流れにそって情報を理解することが重要なのであり、無理に頭のなかで一字一句日本語に直す必要はないのです。

全ては英文を読むことから始まる

正しい読解力をつけるには、問題集で勉強を始める前にまず英語の本やニュースを読んで基礎力をつけるべきです。英字ニュースをいざ読むとなれば、国際ニュースに手を出したくなるかもしれませんが、世界情勢の予備知識がなければ難しいと思います。

最初に読むのは Japan Times など、日本の英字ニュースをお勧めします。日本のことなら予備知識が既にあるので分からない単語が出てきても、調べたら細かい意味やニュアンスをより実感をもって理解できます。少々ボリュームはありますが、興味のあることについて書かれた洋書に挑戦するのも良いでしょう。

こうして自分の知っていることと、英語の情報との接点を作れるようになれば、この感覚をもとに予備知識のない情報も英語で吸収できるようになります。TOEFLの問題が難しいと思うのは、この感覚が十分に育っていないままで何も知らないトピックの文章を読もうとするからです。

どれだけセンテンスそのものの意味が分かっても主張や論理を理解できないのは、主題と自分の接点がないゆえ想像が及ばないからだと言えます。自分が知らないことも英語で読み取る力は、留学すればいずれつくようになりますし、つかなければ現地の授業についていけないので、日本にいる時からこれを身につけられるよう努力すべきです。

洋書の問題集に挑戦しよう

英語の本やニュースで基礎がついたら、日本語の問題集はせずに直接洋書の問題集に挑戦してください。前述の力がつけばTOEFLの正解率も上がるでしょう。また逆に劇的な向上がなくても問題をなぜ間違えたのかより深く理解できるはずです。

確かに日本語の解説や訳文がないと自分の読解が正しいかどうか心配かもしれません。その気持ちはわかります。しかし、TOEFLの問題はアカデミック・ペーパーほど抽象的ではないので、大幅に読みが外れることはまずないと思います。

そもそもその力を試すのがTOEFLですし、ひっかける意図をもって作られた問題はありません。恐れずに自信を持って挑戦してください。それに英文を読むことに慣れたら自分で英文を書けるようにもなるはずです。ただ、ライティングの独学だけは難しいと思うので、興味のあるかたはオーパス英語学院 神戸教室までお越しください。

LINEで送る

Category:TOEFL対策,コラム:オーパス通信,留学