英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > TOEFLスコアを上げるには? リスニング編

TOEFLスコアを上げるには? リスニング編

toefllistening

TOEFL のリスニングは、完全英語の大学講義や生徒同士の英会話などが題材でリアリティに溢れています。しかし、ふだん外国人と話す機会のない人にしてみれば、現実味の欠片もない難解な問題に聞こえるかもしれません。

このリスニング問題を初めての大学講義や初めてできた外国人の友達だと思って必死に聞けば、なんとか頭に入るかもしれませんが、そんな簡単に気持ちを切り替えられる人も少ないかと思います。

スコアが上がらない人はアプローチを変えよう

TOEFLスコアを出すために大事なのは基礎ですが、その前にまずはアプローチを変える必要があります。過去にもこのコラムでは触れましたが、日本の英語教育には以下のような欠点があります。

  • 和訳・英訳を繰り返すことで「英文の意味を理解すること」と「和訳すること」が100%同じであるという誤った認識を持ってしまう
  • 日本語に訳すことでしか英語を理解できない結果、英語の細かいニュアンスを読み取れないし聞き取れない
  • 英語をありのままで読み取ることや、聞き取ることができない

TEOFL スコアが思うように伸びない人は、上記の欠点を抱えたままで勉強している可能性があります。

更に英語力アップを妨げるのが、日本語の TOEFL  問題集です。CD を聞いてどれだけ耳が英語に慣れても、いつまでも日本語の訳文や解説に頼っているようでは理解力が上がりません。

確かに始めのうちは何らかの日本語サポートがないと不安かもしれませんし、自分の理解で正しいのかどうか自信がないかもしれません。しかし、ちゃんと辞書を使って調べれば大丈夫です。仮に逸脱があったとしても微々たるものでしょう。

一字一句理解することに越したことはないですが、より大事なのは大筋や主張を理解すること。話し手が何を伝えたいのか、何を言いたいのか、その根拠は何か、これらを聞き取れるよう意識しましょう。

理想的な勉強方法とは?

理想的な勉強方法は、基礎をつけてから日本語の TOEFL 問題集をせず、そのまま洋書の問題集に挑戦することですが、ここからは基礎のつけ方を解説したいと思います。

TOEFL で通用するリスニング力をつけるのにまず必要なのはスピードです。日本の学校や英会話スクールでは、生徒のレベルに合わせて外国人講師がゆっくり話してくれます。

しかし、TOEFL の問題や現地スピーカーの速さは数段上です。文字で読めば分かる内容も、すべて耳で聞きながら情報処理するのは最初のうちは困難でしょう。

文字と音をマッチさせる練習をしよう

これに慣れるためには、何回も見たことのある映画の DVD に英語字幕をつけ、聞いているセリフと読んでいるセリフをマッチできるよう頑張って下さい。既に内容は知っているはずなので、セリフの大まかな内容は分かっているはずです。セリフの細かいニュアンスも読み取ることを目指しましょう。

流れている音楽と楽譜の音符を目で合わせるように、セリフと字幕をマッチさせることができたら、こんどは字幕表示を消して下さい。

セリフを暗記する必要はありませんが、聞いている単語をリアルタイムで一つ一つ認識できるよう意識を集中させましょう。これはリーディングと同じです  分からない言葉が出たからといって途中で諦めてはいけません。とりあえず最後まで聞き取りましょう。

仮に意味が分からなくても、とりあえず音だけでも聞き取れたら英会話上達にも繋がります。聞いた音を複製すれば、話し相手に意味を聞いたり、後で調べることができます。

この練習に慣れたらセリフを声に出して真似して下さい。映画と同じスピードで言うことで、リズムや流れもつかめるようになるでしょう。これは TOEFL のスピーキング対策の基礎にもなります。

まとめ

このように自分の好きな映画やドラマで始めて、スピード・理解・リズムの基礎を押さえて、過去に解説したリーディングの基礎力も並行してつけたら、これまで難解だと思えた問題もそれまでになかった“実感”を持てることで、理解力も高まりスコアも上がるはずです。

また、この方法で始めの一歩を踏み出せたら、次は YouTube で英語圏のニュースや大学講義を聞き取ることに挑戦して下さい。留学すれば、いずれそのように英語を学ぶことになります。日本にいるうちから始めるのが一番です。

LINEで送る

Category:TOEFL対策,コラム:オーパス通信,リスニング,留学