英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > 中学英語でペラペラになる方法

中学英語でペラペラになる方法

change

中学レベルの英語力があれば、基本的な要求・質問・意見などをセンテンスにするだけの文法と英単語が備わっているはずなので、本当なら海外に行っても最低限の会話はできるはずです。

しかし、たとえばいま中学3年生がとつぜん海外に行っても、すぐに話せるようにはならないでしょう。また、幼少期から英語教育を受けているお子様で、現在は小学校高学年や中学生でありながら、すでに英検の3級や2級を持っていても、実際に問題なく自分の言いたいことを英語で言えるのはひとにぎりでしょう。

なぜ中学英語で話せないのか?

それはなぜでしょうか。中学レベルの英語力があれば、文法もわかっているはずですし単語量もあるはずです。問題は、その単語や文法を効果的に使う練習ができていない部分にあります。

そもそも英語で話すというのは、英文法を守りながら英単語をつなぎ合わせる作業です。だから一見簡単そうで実は高度な作業をしているわけですが、自分の言いたいことがうまく言えない人は、時制を間違えているだけに留まらず、根本的に文法を無視している場合があるのです。

話すときに文法を守れていない人は、殆どの場合は書くときも守れていません。たとえ中学や高校のテストは間違わなくても、本当に言いたいことを英語で書かせたとたん、殆どの人は間違えてしまいます。

多くの親御さんは英会話さえすれば自然と上達するように思われていますが、英会話だけをしながら講師が口頭で間違いを指摘するだけでは、子供に英語力はつきません。なぜならなんとなく耳で聞いただけでは、どこをどう間違えたのか理解できないからです。

大事なのは英語で書く練習

それではどうすればいいのでしょうか。大事なのは話すだけでなく、書く練習もすることです。多くの人は「なんだ、それなら中学・高校の英語と同じじゃないか」と思うかもしれませんが、それは違います。




ここでいう “書く練習” とは、穴埋め問題や英訳・和訳という形式ではなく、自分の言いたいことをゼロから英語で表現する練習です。それも数行だけ書くのではなく、長文を書くのです。

これはセンテンスを構築する練習になるので、スピーキングをしながら  つまり話しながら  英文法にそって英単語をつなぎ合わせる作業も自ずと上手になります。

また初級レベルの人は、リスニングができても質問に対する回答が短すぎるゆえ、内容のある話ができないのが特徴ですが、長文を書く練習をすることで、話の筋道を考えながら適切な英単語を使えるようになることで、自分が本当に言いたいことを言えるようになります。

英語力が高くなれば、日本語力に頼る頻度が少なくなる

そうして英語力が高くなるにつれて、日本語を英訳することが減ります。うまく英語を話せない人の問題は、日本語を無理矢理英語に直訳することで、英文法を無視してしまうところにあります。

たとえば、関西弁の話し言葉なら「あれ旨いねん」で通じます。ここで「あれ(は)旨い」の“は”が省略されていますが、日本語なら問題ありません。しかし、英語の場合は「That is delicious」や「That was delicious」など be 動詞が必要です。

幼いころから英語教育を受けながらも英語がうまく話せない子供のなかには、日本語を英語に直訳する結果、「That delicious」と言ってしまう子がいます。これはほんの一例ですが、他にも日本語に直結した様々な間違え方があります。

まとめ

このように日本語に起因する間違いは、闇雲に英会話をするだけではなかなか直りません。まずは本人に英作文をさせて一緒に添削するほうが、よりはっきりと自分の目で間違いを確認することができますし、問題点をより改善しやすくなるでしょう。

実践的な英語力をつけたい中学生や高校生は、ぜひ英作文で基礎をつけるべきです。ぜひオーパス英語学院 神戸教室までお越しください。

LINEで送る

Category:コラム:オーパス通信,子供の英語教育