英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > 「ネイティブ」という言葉に翻弄されるな

「ネイティブ」という言葉に翻弄されるな

native

ネイティブ・スピーカー、ネイティブ英語、ネイティブの先生など、“ネイティブ”という言葉が浸透していますが、この言葉が具体的に何を意味しているのかは殆どの人が知らないと思います。

一口にネイティブといっても、フィリピン、インド、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、南アフリカなど、英語圏は広大です。この国々で英語を使いながら育った人たちは、みんなネイティブ・スピーカーですし、場所によってアクセントや発音も様々です。

こうして蓋を開けてみれば、ネイティブの英語が「場所の特定されていないローカル英語」であるのがお分かりでしょうか。

「ネイティブ・レベル」の本当の意味

英語力をつけたい人の中には「ネイティブ・レベルになりたい」と思っている人も多いかと思います。しかし、これには正しい認識が必要です。ネイティブ・レベルになる   これを「ネイティブと同じになれる」と思い込んでいる人をちらほら見受けます。ネイティブ・レベルとは、あくまでネイティブ・スピーカーに “匹敵” や “相応” する英語力を指すのであり、何から何までが “同一” という意味ではありません。

この誤った理解のままネイティブ・レベルを漠然と目指すのは、海外で日本語を勉強している外国人が闇雲に“地元出身級の日本語”を目指すようなものです。このアプローチでは、表面的な雰囲気の再現ばかりに気が向いてしまいます。特に、英会話に強い関心を持つ人の中には、

日本の英語教育で英語が話せないのは

文法中心が理由なのだから

文法は気にしなくても良いのだ

という誤った考えを持つ人もいます。しかし、文法は基本中の基本です。日本の英語教育がどれほど実践的かについては議論の余地がありますが、文法中心であることには何の問題もありません。

逆に、これから日本語を勉強する外国人に「文法は勉強しなくても大丈夫だよ」と果たして胸をはって言えるでしょうか。何事も基本は大事です。また、基本がしっかりしていれば、あとは内容です。話の筋が通っていて具体的なら相手に伝わります。

結局のところ、論理的であれば通用するので、ネイティブ的な要素にこだわる必要はないのですが、それでもこだわりたい人が本当に求めているのは、アクセントやスラングでしょう。

アクセントやスラングは現地で学ぼう

しかし、これは日本ではなく、現地で学ぶべきだと思います。日本でこれらを学ぶのは、関西に行ったことも住んだこともない人間が、東京で関西弁を話すようなものです。もうお分かりでしょうが、これは関西人からしてみれば“エセ関西弁”です。

前述したように、日本人にとっての「ネイティブの英語」というのは「場所の特定されていないローカル英語」なので、この要素に興味があるのなら、どこか場所を絞り現地で英語を習得すべきです。もしもオーストラリアで英語を勉強してそこに溶け込めば、自然とオーストラリア流になるでしょう。

とくにアクセントは、十分な英語力が付いてから最後に行う“チューニング”と考えた方が良いでしょう。たとえば、ハリウッド俳優として成功を目指す(非英語圏の)外国人のなかには、訛りを取り除くために専門コーチを雇う人がいます。完璧なアメリカン・アクセントを身につけて、アメリカ人役も勝ち取るためです。

あのアーノルド・シュワルツェネッガーも昔はその一人でした。オーストリア訛りを消そうと、一度コーチを雇ったそうです。が、そのままの方が個性的なのに気づいてやめたそうですが。

基本的な文法と論理性。これさえあれば、ネイティブの雰囲気にこだわらなくても大丈夫なのです。もっとも、アメリカで活躍する年輩の日本人ほど訛りは強いものです。彼らが成功しているのは、自分らしく生きていることと関係があるのかもしれません。

 

LINEで送る

Category:エッセイ,コラム:オーパス通信,発音,英会話