英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > 金融英語 bull, bear, hawk, doveの違いと使い方

金融英語 bull, bear, hawk, doveの違いと使い方

bullbearmarket

今回は bull, bear, hawk, dove はどれも動物ですが、金融用語でもあります。今回は bull と bear の違いと、hawk と doveの違いを解説します。

Bullとbearの違い

Bull は「雄牛」と言われても、あまりイメージがわかないかもしれません。ならばスペインの黒い闘牛をイメージしてください。乱暴で力強い獣を想像できますか?あれが bull です。

Bull というのは、証券の価値が上がると予想している人たちを指します。つまり「強気」なのです。Equity bull は株の価値が上がると思っている人たちで、bond bull は債券の価値が上がると思っている人たちです。

この言葉は他にも様々な形で使われます。

① Bull market will continue next year.

② The gold bull market has arrived.

③ Bullish investors were nowhere to be found.

④ It was seen as a bullish signal for investors.

①は「来年も上げ相場が続く」という意味です。②は「金の上げ相場が訪れた」です。③は「強気の投資家はどこにもいなかった」になり、④は「それは投資家にとって上げ相場のシグナルに見えた」になります。

Bull の反対は bear です。Bear は証券の価値が下がると思っている人たちを指します。実際はどうか別として「熊」は鈍いイメージがあります。それが雄牛の反対の存在になっているということです。楽観的な bull と違って、bear は悲観的です。

Bear は以下のような使い方ができます。

① China is suffering from a bearish steel market.

② The world is in a bear market.

③ Bearish investors were right.

①は「中国は鉄の下げ相場に苦しんでいる」。②は「世界は下げ相場だ」。③は「弱気な投資家は正しかった」。ちなみに bear market の定義は、複数の市場指数がピーク時から20%以上下がったのが続いた状態です。

Hawkとdoveの違い

政治経済の世界で使われる hawk(タカ)という言葉は、対インフレ政策に関して使われることが多いと言えます。Inflation hawk である人はインフレに対して敏感です。そのためインフレが起これば、物価上昇を避けるために利上げをすることを好みます。

Urjit Patel is an inflation hawk.

ウルジット・パテルはインフレ・タカ派だ。

Trump may choose a hawkish monetary policy.

トランプはタカ派の金融政策を選択するかもしれない。

一方でdoveは「ハト」です。Inflation doveである人は利上げを嫌い、量的緩和(quantitative easing)などの景気刺激策を好みます。

Janet Yellen was thought to be an inflation dove.

ジャネット・イエレンはインフレ・ハト派だと思われていた。

His comments sounded dovish.

彼のコメントはハト派に聞こえた。

LINEで送る

Category:コラム:オーパス通信,単語の使い方