英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > 子供にリスニング力をつけるには?

子供にリスニング力をつけるには?

listening

子供に英語力をつけるために、英語のテープを聞かせているお母さんは多いと思いますが、大事なのは、聞こえてくる英語の声がただの音ではなく、意味があるということを理解させることです。

これができていないと、英語の音と意味の乖離が生じてしまいます。この結果として起こるのが、英語の音を聞くのに慣れているが意味は日本語で覚えている、というパターンです。これでは中学で始める英訳・和訳中心の英語教育と同じ構図になるので、せっかくの早期英語教育が台無しです。

自然に英語はうまくならない

自然に英語がうまくなる、自然に英会話ができるというシナリオはあり得ません。親が教育に関与しないという意味でなら勝手に上達するかもしれませんが、親が関与しようとしまいと、子供は能動的に学ばないといけません。

これはハーフの場合でも同じです。いくら英語圏出身者の片親がいてもリスニングがまったくダメな人はいます。このケースには言語以外にもいろいろな理由がありますが、結局のところ子供本人が興味を持ち、十分な注意をはらって英語を聞き取ろうとしないと、耳が育ちませんし、発音もうまくなりません。

それでは、どうすれば子供を「英語を聞き取りたい」という気持ちにさせることができるのでしょうか。重要なのはゴールです。「聞き取りたい」と思うには、「何を言っているのか知りたい」と思うことが必要です。すなわち知的好奇心を刺激することが大事だと言えます。

好奇心を刺激しよう

知的好奇心といえば大げさに聞こえるかもしれませんが、要するに、子供が求める情報を英語で提示するのです。たとえばダンスに興味があれば、ダンスの動画を英語で見せる。車が好きなら、車の動画を英語で見せる。勉強としての英語も重要ですが、そればかりでは子供の好奇心も薄れていくので、幼い間は楽しい情報を取り入れるツールとして位置付けるのが、戦略として良いと思います。

また “動画を見せて終わり” ではなく、親がコンテクストを提供すべきです。たとえばダンスの動画を見せる場合は、どのようなテクニックを説明している動画なのか。あまりにも漠然としていると、意味を失った、ただの映像、ただの音になるので親が説明してあげないといけません。

リスニングだけにとどまらず、早期英語教育を行う場合は中学から始まる英語教育と何が違うのか、その利点をまえもって理解しておかないと、せっかくのチャンスを逃すことになります。

LINEで送る

Category:コラム:オーパス通信,リスニング,子供の英語教育