英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > 趣味が合わないと英会話も弾まない

趣味が合わないと英会話も弾まない

talk

ただランダムな質問を外国人に浴びせているのではなく、何かについて対等に意見を交わしたり、熱く語り合っている日本人を目にすると、「あの人は英語ペラペラだなあ」と驚嘆するかもしれません。

確かに、そのような自然な英会話を成り立たせるのに、英語力が必要なのは勿論です。しかし、そうして話が噛み合う前提としてあるのは、似たような情報の共有です。これは、日本人同士であっても共通の趣味や話題なしにトークは成立しないのと同じことです。

大事なのはhowよりもwhat

最終的にはどの言語で話そうと、人と会話するには“知っていること”がないとだめだと言えるでしょう。そう考えたとき、以下の2点が英会話に関する誤った認識であるのが、お分かりでしょうか。

① 英語を話せるようになるには、英語だけを勉強したら良い

② 英語を話せるようになれば、外国人となんでも話せる

それでは①を見てみましょう。もしも、学問・仕事・趣味を通して何らかの知識やスキルが既にあるのなら、英語の勉強だけで良いでしょう。しかし、得意分野がない場合、英語の勉強だけでは成長は見込めません。なぜなら日本語で話せないことは、英語でも話せないからです。

②に対しても同じことが言えます。例えば、英語を話せるからといって、外国人と脳細胞について会話ができるでしょうか?結局のところ、自分の知っていることしか外国人とは話せないのです。

まずは自分のことから

しかし、誰でも話せることが一つあります。それは、自分のことについてです。ただ、どれだけ英語に対する思いが強くても“引っ込み思案”なら上達が遅れてしまいます。英語力の向上を妨げないよう、英語とは別の努力も必要だと言えるでしょう。

なにも対等に話せなくても、日常会話さえできればそれでいいんだよ、と思う人もいるかもしれません。が、そもそも日常会話とは何でしょうか?それは、日常的になにげなく行う会話のことですが、かといって会話に内容がないわけではありません。

「なんとなく」ではなく論理的に

仕事・教育・社会・家族・友達についてなど、様々なトピックの会話を私たちは普段日本語でしています。これをそのまま英語で行うのは簡単そうに聞こえますが、非英語圏出身である私たちがそれを英語で通じるよう話すには、それなりの論理性が求められます。

日本的な「なんとなく」では通じないのです。もっとも、拙い英語力でなんとなく話すのは、ギターのコードも弾けずにアドリブをするようなものです。

何事も基礎が大事です。いずれなんとなく英語を話せるようになるためにも、まずは得意分野を設定して、まずはそこからスタートするべきだと言えます。何かに根ざした英語を習得するのが一番の近道なのです。

LINEで送る

Category:エッセイ,コラム:オーパス通信,英会話