英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Methodメソッド:ライティング

メソッド TOP > ライティング

英語で書けるようになる方法 part 9 それがなぜ大事なのか考えよう

効率良く情報発信するために、「part 8 逆説的な表現を避けよう」の文章を整理しましょう。受け身に関するコンセプトで目立つのはshock, injury, dangerous。大きくまとめると “危...  read more»

英語で書けるようになる方法 part 8 逆説的な表現を避けよう

「part 7 英文と和文の違い」では、英語で書き始めるときは、論理性を意識すべきだと説きました。しかし、そうしているつもりでも、最初からイメージ通りには書けないものです。 自分でも何を書いてい...  read more»

英語で書けるようになる方法 part 7 英文と和文の違い

「part 6 サーフィンについての英語の例文」は、サーフィンのチャラチャラしたイメージを払拭して、健全なイメージを打ち出す目的で「練習とコミットメント」を説明しました。それゆえ、想定以上の内容とボリ...  read more»

英語で書けるようになる方法 part 6 サーフィンについての英語の例文

Surfing Nothing gives you an adrenaline rush like surfing. Imagine yourself paddling through the gl...  read more»

英語で書けるようになる方法 part 5 イントロの書き方

イントロがインパクトに欠けると、最後まで読んでもらうのはおろか、読み始めてももらえません。かといって、無理矢理インパクトを出そうとするあまり、事実を脚色するのも良くありません。 これを避けるため...  read more»

英語で書けるようになる方法 part 4 論理的に考えよう

「part 3 主語のない文章」で説明したように、英語化しにくい日本語の感覚を押し通すのではなく、「サーフィンを体験してもらう」という、能動的な方向性へと軌道修正したところで、どうすればその目的を達成...  read more»

英語で書けるようになる方法 part 3 主語のない文章

なぜ「part 2 サーフィンについての例文」で表現された "思い" を、英語で伝えるには手を加えないといけないのか。 まず第一に、あの文章には主語がありません。英語にするときは、一人称の I ...  read more»

英語で書けるようになる方法 part 2 サーフィンについての例文

それでは、通じる英語には “なりにくい” 情報をご理解して頂くために、まずは下記の文章をお読みください。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [...  read more»

英語で書けるようになる方法

文法は正しいはずなのに通じない。I don’t understand     意味がわからない。It doesn’t make sense to me     筋が通っていない。So what do ...  read more»
Contents
Category