英会話のマスターはライティングから|神戸 オーパス英語学院

Spreading the Wordコラム:オーパス通信

コラム:オーパス通信 TOP > ビジネス英語 = 外交的な英語 ビジネス英語で意識すべきこと

ビジネス英語 = 外交的な英語 ビジネス英語で意識すべきこと

business

仕事で英語を使うのは、グローバル企業の社員だけのようなイメージがありますが、これからは中小零細企業や個人事業主も使う機会が増えていくでしょう。業種によってレベルや専門用語も違いますが、基本的なアプローチはどれも同じだと思います。

もっとラクに考えよう

英語が好きでも仕事で使うとなれば抵抗があるのは、日本のビジネス敬語の英語版を想像しているからかもしれません。しかし、ビジネスで使う英語に日本のような礼儀作法はありません。

もっとも日本の礼儀作法は、目下や目上、すなわち上下関係が根本にありますが、英語でビジネスをするときは、たとえそのような関係性があったとしても、それを全面に出す必要はないと言えます。

自分や自分の組織が相対的に目下である自覚があっても、必要以上にへりくだることはないのです。捉え方としては「ビジネス英語」ではなく、「外交的な英語」と考えるのが妥当かと思います。

大事なのは姿勢と気持ち

たしかにレベルによってどれほど外交的になれるかは変わります。国際的に名の知れた日系企業であれば、外国人もそれなりの英語力を期待します。しかし、ほとんどの場合それほど高度な英語力は求められていないと思うので、難しく考える必要はありません。

本当に必要なのは、外交的な姿勢と精神でしょう。オープンにして大丈夫な情報はオープンにすべきですし、それを明確に伝えることが何よりも重要です。相手の顔色を伺いながら同意を求めるのではなく、自信をもって断言するのは勿論、婉曲に話すことで丁寧さを出すよりかは、ストレートな内容に丁寧な言葉を付け足すような表現を心がけるのが理想です。

仮に言いたいことが言えなくても、何かを伝えようとする態度が伝われば相手は安心します。一番いけないパターンは黙り込むことです。単語やフレーズが通じない・・・相手が何を言っているのかわからない・・・

だからといって沈黙せずに、他の言葉をすぐ試したり、相手の言っていることがどういう意味なのか質問するなど、何らかのレスポンスは必須です。実際には思考停止状態でなかったとしても、そのように見えるのはあまりに悪印象。せめて考える素振りは見せるべきだと言えます。

初対面でするべきことは?

また、必ずしも取引先やクライアントと親密になる必要はありませんが、ある程度打ち解けることはビジネス上大事でしょう。日本では初対面で名刺交換を行いますが、外国人の多くは握手が基本です。文化の違いなので仕方ありませんが、日本人の握手は平均的に弱いと言えます。信頼関係を築くためにも、相手の手はしっかり握るべきです。

名乗るときはファーストネームを重視すべきですが、名前を覚えてもらいたいのであれば、「Hi, I’m Masa」や「Call me Masa」と、短縮名で名乗るのも効果的です。例えば、「Hi, I’m Masaharu Kuritani」を一度で覚えられる外国人は少ないでしょう。

発音の難しさを自覚している中国人ならば、たとえば「徳華(ダーホワ)」ではなく「Andy」と、自分で決めた英語名を使う人もいます。しかし、日本でそこまでする必要はないと思います。

ファーストネームで呼び合う関係に抵抗のある人もいるかもしれませんが、日本に理解のある外国人なら「さん付け」もしてくれます。「Hi, Kuritani-san」と呼んでくれるでしょう。

なにも全てを外国人に合わせる必要はありません。それでも、なんらかの結果に繋げたいのなら、英語も使った外交的な歩み寄りは有益だと言えるでしょう。

LINEで送る

Category:コラム:オーパス通信,ビジネス英語,英会話